なんか気になる…と思いつつ…というお話をよくお聞きする7丁目7番7号にあるラッキーな焙煎所。
御影高杉のティールームで教えていただいてから通っています。

二代目店主の後藤さん。
ひくのはコーヒーだけでなくベースもバリバリ。(まだお聞きしたことはありませんが、きっと超ファンキー。)
口は悪いが根は優しいの言葉通り陽気なお人柄。
お話しているうちに元気がみなぎります。

最近主流の熱風式ではなく、昔ながらの直火式。
独特の煎り感と香りは長く続く喫茶店を思い起こさせる、まさに神戸のコーヒーという印象。
近くでは、ひつじ茶房さん、芦屋のベリーニさんで飲むことができます。

ずらりと並ぶ銘柄。
端っこから順番に試してみてお気に入りを見つければ良いというアドバイスに何巡したことか…。
個人でも購入できます。
スペシャリティなど変わり種が入っている時もあり。

本格的な焙煎なのに安い!と言うと「高かったら毎日飲まれへんやん!」とありがたい心意気。

美味しいコーヒーって?と質問すると「鮮度!」ときっぱり。
「野菜でもなんでもやっぱり新鮮なんは美味しいわな。」と新鮮な豆を週に3回焙煎されています。

出し惜しみなく美味しさのこと、コーヒーのことを教えてくださいますが「どれが美味しいですか?」はタブーですよ!
「全部美味しいから売っとーねん!」です。

コーヒーはもちろん、軽快な後藤さんトークもおすすめです。(奥様はほのぼのやさしい)

ナルダン珈琲貿易

神戸岡本のレッスンルーム をちこち